タグを絞り込む : ワークショップ

「カメレオンコード ハンズオン+」開催します!

全体のファシリテートとアイデアワークなどをやります。アイデアソン的な事もしますが、今回はテクノロジーの使い方を学ぶのがメインだったりするので、ハンズオンの延長ということでハンズオン+としています。
詳しい募集要項などはこちら
今回の内容は、カラーバーコードと呼ばれる「カメレオンコード」です。
最近では、ワールドビジネスサテライトに取り上げられたり、NTT西日本のCMの中に出てきたりと露出も高めになっているので、目にしたことがある人も増えてきているのではないでしょうか?ご存じない方はこちらでチェックしてみてください。
Webサイト
NTT西日本CM
なぜ、岐阜のソフトピアでカメレオンコード?と思われるかもしれませんが、実はカメレオンコードを開発した(株)SHIFTの親会社はソフトピア進出企業でもある(株)インフォファームなんですね。
イベントに参加して頂ければ、アイデアワークを通じてカメレオンコードと、その効果的な使い方、システムへの導入方法などが体験的に分かると思います。
カメレオンコード自体は、クローズドな規格で利用にはライセンス料などが必要ですが、利用形態によってはクローズドなメリット(IDがユニークに管理されている等)が十分に生かせるかと思いますし、SDKなどの提供とサポートも魅力になると思います。
基本的にはBtoBなライセンス形式なので、個人開発者や小さなソフトハウスなどは利用しづらいかもしれません。お試し期間もあるようですが、サイトからは分かりづらいですね。その辺の要望も含めてこのイベントでリクエストして頂くと話が進むかも?しれません。
イベントの目的としては、実はこの辺にあって地域のみなさんがカメレオンコードで困っている事を解決したり、それをツールとしたビジネスに繋げられたらと思っています。



3月6,7日に「loTとしての車」をより便利に面白く使うアイデアソン+ハッカソンを行いました。

テレマティクスとは
テレコミュニケーションとインフォマティクスから作られた造語で、移動体などが通信手段を通じて利用できるサービスの総称です。
一般的には、自動車、輸送車両などへの双方向のデータ通信によるサービス提供に対して使用されます。



今回のテレマティクスハッカソンで車両からの情報を得るために使われたシステムは、GEOTAB(ジオタブ)というシステムです。
GEOTABを搭載した車両と、そこから得られるネットワーク上の車両データにアクセスするWebAPI、アプリを簡単に作れるツールで実際に動くシステムを作成しました。


2015年3月6日(金)、7日(土)に岐阜県大垣市でテレマティクスハッカソンを開催いたします。
GEOTAB社のWebAPIを使ってネットワーク側から見た「車」をテーマに、
IoTとしての車をより便利に面白く使うためのアイデアソン+ハッカソンです。

対象者:ウェブサービスエンジニア、iOS,Androidアプリエンジニア、ハードウェアエンジニア、デザイナー、プランナー、
自動車を使ったサービスをお考えの方。

主催:公益財団法人ソフトピアジャパン、情報科学芸術大学院大学[IAMAS]、有限会社トリガーデバイス
協力:岐阜県
協賛:東海クラリオン株式会社(GEOTAB日本代理店)

参加費:無料

お問い合わせ
公益財団法人ソフトピアジャパン 
産学官連携イノベーション創出支援室
TEL:0584-77-1188

ただいま参加申し込み受付中です。詳しい内容とお申し込みはこちらから。

※テレマティクス とは・・・
テレコミュニケーションとインフォマティクスから作られた造語。
移動体などが通信手段を通じて利用できるサービスの総称。
一般的には、自動車、輸送車両などへの双方向のデータ通信によるサービス提供に対して使用される。