9月22、23日、BLE Boot Campが行われました。


BLE Boot Campの様子

このイベントは、上原昭宏さんが執筆中のBluetooth Low Energy本「たのしい ! うれしい ! びー・える・いー !」のテキストプレビュー版を事前の宿題にしつつ合宿形式で、BLEの世界観を共有しながら、BLE開発の深い部分の議論や、よりよい開発手法を見つけ出せるような議論を目指して開催しました。
(当初の開催の狙いの詳細はこちら BLE Bootcamp | Peatix を御覧ください)


実際、始まってみると濃いメンバーばかりなので脱線する事も多かったですが、それはそれでBLEに係る人が共有しておいたらいい情報だったと思います。
ゼロ回的な雰囲気になりましたが、有効な手法なども見つかったのでもう少し技術部分にフォーカスしたイベントに繋げたいと思います。

と、内容はさておき個人的にというか、参加者のバスワードになったウィル・パワー。基調講演していただいた大塚さんの講演内容です。

抽象度の高いお話でもあったので、聞く人によってはいろいろな受け取り方があると思いますが、私的に要約するとやる気は有限なので、リソースとして大事に管理して、自分の目標を実現させていこう。そして、またそれが自分のやる気につながるような仕組みを作っていこう、みたいな話をご自分のプロジェクトの場面場面の例を出しながらお話されました。

大塚さんのプレゼン

最近、こんな本を読んでいたところだったので、大変興味深く聞かせていただきました。

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力



3Dプリンタを始め技術やシステムの発展で、個人でもいろいろな事ができるようになっていますが、大塚さんみたいな方が沢山いらっしゃらないのは、自分のやる気をちゃんと管理して、継続的に行動する事が大変難しいからだと思います。
こういった個人のMakerのライフスタイルやノウハウに関して共有や改良していける場というか、イベントも面白いなと思いました。



講師の上原さん。Boot Campですから当然これぐらい疲れます